大学生の就業力育成支援事業[文部科学省 選定取組]「デザイナーの卵」孵化推進教育プログラム

岡山県立大学
企業・官公庁の方へ地域のみなさまへ在校生の方へ卒業生の方へ


ごあいさつ
プログラムについて
大学の支援体制
産学官連携教育
サテライトギャラリー egg
取り組み報告
リンク集
お問い合わせ
サイトマップ

satellite gallery egg

岡山県立大学

岡山県立大学デザイン学部

GPポータル

  ごあいさつ




産学官連携の元、主体的に企画提案活動を行い、社会貢献できる人財の育成へ─。


「デザイナーの卵」孵化推進教育プログラムは、大学生の就業力育成支援事業として文部科学省に選定された取組です。平成22年度より5年間のとりくみを予定しています。就業力は総合的な仕事力を表します。

取組の1点目は、岡山県立大学デザイン学部における「企画提案力あるデザイナーの育成」の理念に基づき、学生の社会的・職業的自立をうながすため、全学および学部の関係委員会が連携し、学生の成長確認や将来展望のための支援やキャリアガイダンスを推進することです。

2点目は、県内外地域において企業・官公庁のみなさまにご協力を仰ぎ「産学官連携・デザイナーの巣づくりネットワーク」を整備、学生が主体的に仕事力を身につける活動を支援するため、必要な産学官連携教育事業を展開することです。そこでは授業講師の派遣をお願いしたり、いただいたテーマをもとに課題開発から企画提案までを、協働と競争によりとりくむSPU*(Small Project Unit)活動などを実施します。

以上に基づき、企画提案活動に学生が主体的にとりくみ、成長を実感し、社会貢献できる人財*に育つよう、カリキュラム開発と連動した活動を実施していきます。



産学官連携・デザイナーの巣づくりネットワーク推進モデル

  *SPU=Small Project Unit(プロジェクト参加小集団)。学生自らが学外企業・官公庁などと連携し、課題開発から解決に至る主体的活動を行う参加形態のこと。
*人財とは、たんなるスキルを身につけた人材を超えて、社会をよりよい方向へ導くことのできる「変革人材」を、いわば社会の宝としてとらえた言葉です。





 
TOPページ企業・官公庁の方へ地域のみなさまへ在校生の方へ卒業生の方へごあいさつプログラムについて大学の支援体制
産学官連携教育サテライトギャラリー egg取り組み報告リンク集お問い合わせサイトマップ


「デザイナーの卵」孵化推進室
岡山県立大学 〒719-1197 岡山県総社市窪木111 岡山県立大学 デザイン学部
TEL.0866-94-2294/ FAX.0866-94-2201